FX取引において各国通貨の将来の値動きを予想する際に用いられる分析手法を大きく分けるとファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の2種類になります。ファンダメンタルズ分析は各国の経済や財政の状況などを踏まえて通貨の先行きを予想する手法です。一方、テクニカル分析とは各国の経済や財政の状況はまったく考慮せず、通貨の過去の値動きを元にいろいろ組み立てて、将来の通貨の値動きを予想する手法です。どちらの手法が優れているかは判断の難しいところです。

ファンダメンタルズ分析は中長期的なトレンドを捉えるのに役立つと考えられています。通貨の強さはその国の経済や財政の状況に大きく影響されるので、中長期のトレードを考えた場合、ファンダメンタルズ分析を無視する事は難しいでしょう。逆にテクニカル分析は短期的な値動きを予想しやすいと考えられています。新たな情報がない中で値が動いてる時に、投資家はテクニカル分析を頼りにトレードをしがちなのです。テクニカル分析とは相場の潤滑油なのかもしれません。

  • Posted on 25. 2月 2013
  • Written by krimsonn
  • Categories: FX用語集
Leave a comment

There are no comments yet.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>